2017年8月9日 更新

ハプニングも力になる!完全セルフプロデュース*福島「四季の里」ガーデンウェディング【前編】

818 views

福島県の「四季の里」は体験型工芸館などを備えた農業公園です。卒花嫁「kasumi1201」さまは2017年6月、ご友人の協力を得て完全セルフプロデュースでのウェディングを実現させました。会場装飾や演出などがとてもオシャレなガーデンウェディングの様子を前編後編でお伝えします!

写真一覧
この記事をシェアする

ご友人の協力あってこその完全セルフプロデュースウェディング

福島「四季の里」がおふたりの世界に

出典:www.instagram.com

2017年6月、福島県にある農業公園「四季の里」で、卒花嫁の「kasumi1201」さまとご新郎さまは結婚式を挙げられました。ご友人の協力を得て行われたウェディングはおふたりの完全セルフプロデュース。会場設営や大型のアイテムの製作や設置、ヘアメイクや写真までもがすべてご友人によるものです。 前編後編でご覧ください。

何から何までもが手作り

ペーパーアイテムは紙のカットもおふたりで

出典:www.instagram.com

おふたりの結婚式は何から何までもが手作りです。招待状は文面はもちろんのこと、紙選びからカッティングまでもがおふたりの手によって完成されました。おふたりのウェディングのテーマは「Better half」。 周囲の方が「お似合いのカップル」と口をそろえる、まさにおふたりにぴったりの言葉です。この招待状にご新婦さまが一番好きな花であり、プロポーズの思い出の花でもあるミモザを添えて送られました。

文章を考えたり、何千種類の中から紙を選んだり、カッティングしたり、したことない経験ができて楽しかったなぁ。予想していたよりもかなり時間がかかってしまって、気の遠くなる作業を旦那さんと3日間ほぼ寝ずにやり続けたのも、いい思い出です(笑)

出典:www.instagram.com

廃材で作った額縁

出典:www.instagram.com

受付まで向かうエントランスにはおふたりの写真をポスターにしたものが飾られました。これは大工であるご友人に紹介された材木屋で廃材を購入し額縁代わりにしたのだそう。ご友人の指導により素敵な額縁が完成しました。

2mの巨大ウェルカムボード

出典:www.instagram.com

受付に置かれたのは新郎のバンド仲間であるご友人が製作された高さ2mにもなる巨大なウェルカムボードです。まるでアトラクションの入り口にあるかのような大きなウェルカムボードは左が飛び出す絵本風、右が誓約書風になっていて綿密なヒアリングの上で作られた完全オリジナルの大きなプレゼントです。絵本の中の木にはミモザも使われています。

製作・設営・飾り付けもご友人の手作り

出典:www.instagram.com

完全に屋外で行ったおふたりのウェディングは、外が暗くならないとムービーの演出を行うことはできません。そのためプロフィールムービー代わりに巨大なプロフィールボードが設置されました。ウェディングのテーマ「Better half」とかかれたボードは中央がおふたりの、左右はご新郎さまとご新婦さまの思い出の写真が貼られています。 こちらもすべて製作から当日の設営、写真の貼り付けまでもがご友人の協力によるものです。

誓いはガーデンでの人前式

この記事をシェアする

不正コンテンツの報告

{{content.detail}}

詳細

{{content.detail}}
{{subContent.detail}}

ご報告ありがとうございます

記事に使った写真一覧(12)