2017年7月18日 更新

まるで海外のガーデンパーティ☆都心でもできた緑いっぱいのテントウェディング

67 views

2017年4月緑いっぱいの日比谷公園内にある「フェリーチェガーデン日比谷」にて挙式披露宴を行われた卒花嫁の「chi_shio」さまとご新郎さま。都心のオアシスのようなロケーションを活かしたガーデンでのテントウェディングがまるで海外のパーティーのようです♡どうぞご覧ください。

写真一覧
この記事をシェアする

新緑が美しいフェリーチェガーデン日比谷

ガーデンでのテントウェディング

出典:www.instagram.com

フェリーチェガーデン日比谷は、緑豊かな日比谷公園内に位置する庭付きの一軒家です。おふたりの挙式披露宴は2017年4月新緑の美しい季節に行われました。会場となったのは自慢のガーデンに設置された巨大テントの下です。 まるで海外のウェディングパーティーのようなおふたりの披露宴をお届けします。

ガーデンの緑で自然いっぱいの高砂に

出典:www.instagram.com

NONA REEVES (ノーナ・リーブス)の「透明ガール」に乗せて腕を組んだおふたりがガーデンへと入場されます。ソファスタイルにされた高砂はガーデンの緑が背景となり、グリーンやお花でいっぱいの印象になりました。会場装飾は「アトリエchocolat(ショコラ)」が担当だったそうです。

辻口博啓氏によるウェディングケーキ

出典:www.instagram.com

ウェディングケーキは季節のフルーツがたっぷりと乗せられたものを選ばれました。こちらのケーキは有名パティスリー「モンサンクレール」のオーナー・辻口博啓氏によるもので、会場の一番人気なのだそうですよ。ご新婦さまもとっても美味しかったそうです♡

手をつないでお色直し入場

手作りのヘッドパーツ&リースブーケ

出典:www.instagram.com

お色直しはご新婦さまはメルカリで入手されたグレーのツーピースのドレスに Boisson Chocolat(ボワソンショコラ)のシューズ、ご新郎さまはブルーのシャツで手をつなぎ登場されました。ヘッドパーツとリースブーケはご新婦さまの手作りです。

おふたりも知らない「当たり席」

この記事をシェアする

不正コンテンツの報告

{{content.detail}}

詳細

{{content.detail}}
{{subContent.detail}}

ご報告ありがとうございます

記事に使った写真一覧(10)