2017年6月28日 更新

結婚式の準備にケンカはつきもの?パートナーと気持ちをすりあわせるためのテクニック*

27 views

結婚式の準備でケンカしてしまうというのはよく聞く話。「やりたいこと」も「やるべきこと」もたくさんある中で、相手の気持ちをおざなりにするとケンカになってしまいます。パートナーとケンカはしたくないですよね。結婚式の本番がうまくいくように、結婚式準備中のケンカの原因と、その対処法をお教えいたします。

写真一覧
この記事をシェアする

結婚式の準備でケンカしてしまうのはなぜ?

結婚式の準備をしている最中、パートナーとケンカしてしまったというカップルは約7割。その中でも1割前後は破談、ないしは婚約解消まで考えたといいます。結婚式の準備をしていると、そんなにケンカをしてしまうものなのでしょうか? 実は、こうしたケンカに発展する原因はそうそうたくさんあるわけではありません。些細な行き違いから大げんかになってしまうのを避けるために、解決法を知っておきましょう。

結婚式準備中のケンカ、3つの原因を知る

結婚式の準備には様々な事が重なってしまい、ケンカになってしまいやすい状況があります。多忙な仕事の合間をぬって決めごとをしたり、両親とも折衝する必要があります。式場の予約やお金のことなど、いろいろなことがありますから、パートナーと意見の相違が生まれてしまいやすいのも事実。 ですが、特にケンカになりやすい原因も3つほどあります。まずはそれを知って、その対処法を知りましょう。

ケンカの原因1:結婚式にかかる費用

もっともケンカになりやすいのがこれ。結婚式にかかわる費用が想定したよりもずっと高かったという不満によります。とくにパートナーのやる気があんまりない場合、結婚式の費用問題はケンカになりやすい最大の原因になります。

ケンカの原因2:彼が結婚式準備を手伝ってくれない

結婚式には、席次や次第など決めなければならないことがたくさんあり、式場に直接でむいてドレスやヘアアレンジなども調整する必要があります。そんな時間もとっても楽しいものですが、パートナーにとっては疲れる時間になっているかもしれません。 だからといって自分一人でがんばっていいても、パートナーが手伝ってくれないことにストレスをためてしまうかも。それでドカンと爆発してしまう花嫁さまも少なくありません。

ケンカの原因3:結婚式へのこだわりを分かってくれない

結婚式は一生に一度の華やかな舞台。せっかくからいろんな演出をして楽しんでもらいたいですよね。あれもしたいしこれもしたい。でもそれがパートナーには負担になっているのかも。 結婚式の費用問題とも関わりますが、結婚式でやりたいことやこだわりを理解してもらえずにケンカになってしまうこともよくあります。「いいよ面倒くさい」みたいなことを言われると、カチンと来てしまって大ゲンカに発展してしまうことがあるかもしれません。

ケンカしてしまったときの対処方法

そうはいっても、一度ケンカしてしまうと、あとあと大変です。結婚式の本番を思いっきり楽しむためにも、ケンカをしたらすぐに仲直りしましょう。 でも仲直りの方法がわからない時もありますよね。結婚式の準備でケンカになってしまう原因が分かっていれば、対応も比較的簡単です。先輩花嫁たちも乗り越えてきたパートナーとのケンカを楽しく乗り切りましょう。

関連キーワード:
この記事をシェアする

不正コンテンツの報告

{{content.detail}}

詳細

{{content.detail}}
{{subContent.detail}}

ご報告ありがとうございます

記事に使った写真一覧(5)
関連するウェディング実例