2017年6月28日 更新

これであなたも大和撫子♡和装が美しく見える立ち居振る舞いレッスン

29 views

結婚式で白無垢を着ることが決まった花嫁さま。和婚に憧れているプレ花嫁さま。和装を身に着ける花嫁さまは、ぜひ学んでおきたいのが「美しく見える立ち居振る舞い」!歩き方、立ち方、座り方…和装の花嫁を美しく見せるための、立ち居振る舞いレッスンです♡

写真一覧
この記事をシェアする

和装姿が美しく見える立ち居振る舞いレッスン

出典:www.instagram.com

白無垢、色打掛、和装でウェディングを行いたいと考える花嫁さまには「和装が美しく見える立ち居振る舞いってある?」とお悩みの方も少なくないでしょう。和装には、ウェディングドレスとは違う、和装ならではの立ち居振る舞いがあるんです。これをマスターすれば、ゲストからため息がこぼれるような素敵な花嫁さまになれるでしょう* 「yucco.wedding」さまは前撮りフォトで、白無垢をお召しになっています。伏し目がちな表情と扇子を持つ手の仕草が、白無垢姿を引き立て、とても美しく見えます。和装を着る予定のある花嫁さまは、ぜひ和装が美しく見える立ち居振る舞いをマスターしておきましょう。

花嫁の足元はおしとやかに内また*

出典:www.instagram.com

和装の花嫁さまは、立ち方にも配慮が必要です。美しい和装の立ち姿は「内また」が基本。そして内またを崩さないよう、小さい歩幅で進みましょう* 「mauco1122」さまの足元ショットでは、内またの立ち姿を撮影されています。とても可愛らしいですね。

伏し目がちに、ゆっくり歩くのが和装の基本

出典:www.instagram.com

和装を美しく見せる立ち居振る舞いのポイントはいくつかあります。ポイントごとに解説してみましょう。まずは花嫁さまが入場される際の「歩き方」です。 和装で歩く時の基本は、内またでゆっくりが基本です。神前式では、境内を進む時に白無垢が汚れないようお端折りを持ちます。「annabelleyumi」さまは境内を歩かれる際、すっと背筋の伸びた美しい白無垢姿を披露されていますね。 また、目線は伏し目がちにすることもお忘れなきよう!

座る時はイスに浅く腰かける

出典:www.instagram.com

「___kukka」さまがご新郎さまとにこやかに会話されているフォトです。美しく着席されていますが、ここにもポイントが隠れているのですがお分かりになりますか? 和装で着席するときは、帯の崩れを防ぐために浅めに腰かけるのが正解です。 背もたれを使わないので、背中が丸くならないよう背筋をスッと伸ばすことも心がけるとさらに良いでしょう◎

三三九度は盃を持つ仕草に注意して

出典:www.instagram.com

「___kukka」さまは三三九度で盃を持つ手も、とっても美しいです。和婚の場合、挙式のなかで「三三九度」の儀式が行われます。お神酒を注ぐ盃を手渡される時、どのように受け取れば美しく見えるでしょうか? 4本の指に盃を乗せ、親指でそっと支えるのが正解です。水をすくうように手のひら全体で盃を受けたりせず、指の先で受けると繊細な仕草に見えます。

鏡割りでは控えめに

出典:www.instagram.com

「saori_y2y5」さまは披露宴の演出で、鏡割りをされました。ここでも注意したいポイントが。和婚の場合、披露宴の演出に鏡割りをされることがあると思います。 和婚らしく盛り上がる演出ですが、和装を美しく見せるには、木槌をぐっと握りしめすぎないようにしましょう。酒樽を割るのは新郎さまにお任せして、花嫁さまはそっと手を添える程度にするのがよいでしょう。「saori_y2y5」さまの美しい仕草は、プレ花嫁さまの参考になりそうですね。

ウェディングフォト編

出典:www.instagram.com

ウェディングフォトでは挙式とは違い、いろいろなポージングをすると思います。「annabelleyumi」さまは寿人力車に乗車しているおふたりを前撮りフォトに残されています。こういう時には、どうしたら美しく見えるかを考えながら撮影に臨めば、出来上がりがもっと楽しみになりそうです。 基本的には先に解説した所作を忘れなければ美しく見える仕草をフォトに残すことができますよ*ウェディングフォトの撮影で和装を美しく見せる立ち居振る舞いを見ていきましょう。

番傘を持ってソロショット

この記事をシェアする

不正コンテンツの報告

{{content.detail}}

詳細

{{content.detail}}
{{subContent.detail}}

ご報告ありがとうございます

記事に使った写真一覧(9)