2017年6月20日 更新

結婚が決まったら「TODOリスト」で準備を進めて*男性がやるべき結婚準備を考えてみよう!

結婚が決まったら「TODOリスト」で準備を進めて*男性がやるべき結婚準備を考えてみよう!

162 views

結婚が決まったらすることがたくさん!「何をしたらいいかわからない」そんなおふたりに必要なのが「TODOリスト」の作成。また準備中は喧嘩を防ぐために、女性がやるべきこと・男性がやるべきことを分担し、ふたりの共同作業で結婚式の準備を進めていきましょう♡

162 views
iine 162 views

結婚が決まったらすることがたくさん!「何をしたらいいかわからない」そんなおふたりに必要なのが「TODOリスト」の作成。また準備中は喧嘩を防ぐために、女性がやるべきこと・男性がやるべきことを分担し、ふたりの共同作業で結婚式の準備を進めていきましょう♡

162 views
写真一覧

結婚準備、最初に何をしたらいい?

結婚が決まったけれど、何から始めたらいいの?そんな時に作っておきたいのが結婚準備に関してするべきことのリスト、「TODOリスト」です。結婚式までにおふたりで決めなければならないこと、やらなくてはならないことは本当にたくさん。 実は準備段階で喧嘩になってしまう新郎新婦のおふたりもいらっしゃるほど。しっかり把握して協力しいくためにTODOリストが必須アイテムなんです*

結婚準備のTODOリスト作りにまずは取り組もう!

TODOリスト作りから始めましょう。これは結婚を決めたふたりがする最初の共同作業です。やらなければいけないことをまとめることで、準備の流れが格段にスムーズになっていきます* 婚約から引っ越しまでの新生活を始めるにあたってしなければならないことはたくさん。正直何から手を付ければいいのかわからなくなりそうです。でもリストをふたりで作ることによって結婚準備の早さもクオリティも違ってくるんですよ。 TODOリストができあがったら、リスト従って結婚準備を順番に行動に移していきましょう!TODOリストについては、下記の卒花嫁さま実例も参考にしてみてくださいね。

結婚の準備*新郎が進めていくことってなに?

結婚式準備の時期はお互いナーバスになってついつい喧嘩をしてしまうカップルも。そんな時はふたりで「役割分担」をすることが大切です。結婚式の準備でご新郎さまがしなければいけないこと、できることをまとめてみました。

一生の思い出*プロポーズ

結婚をしたいと思った男性が最初にすることが女性へのプロポーズです。どんな形でプロポーズするかは男性のアイディア次第ですね。一生に一度のプロポーズ、ふたりの思い出に残るものにしたいですね♡

婚約指輪の購入

プロポーズをして女性側からOKが出たら男性は女性に婚約指輪を贈ります。この段階で正式にふたりの結婚が決まります。プロポーズの時にサプライズで用意しておき、指輪を見せながらロマンチックにプロポーズをする場合もあります* 婚約指輪は下記のリンクから特集していますので参考になさってくださいね。

両親への挨拶は「結婚を決めました」という報告の形が最近の形

一般的に新郎が新婦宅に最初に挨拶に行きます。すでにプロポーズで女性から承諾をしてもらっているので、結婚相手として結婚を決めたことを挨拶に行きます。昔は「お嬢さんを僕にください」「お嬢さんと結婚させてください」が定番でしたが、最近はご両親に許可をもらうのではなく、「結婚を決めた報告」に変わってきています。 挨拶に行くときはお菓子などの手土産を持参していきます。何を持っていくかは女性が自分の両親の好みのものなどアドバイスをしてあげましょう。そして女性の両親に挨拶が済んだら次に男性の両親に花嫁となる女性を紹介します。

結納・両家の顔合わせ

昔からの形式では男性側から女性側に結納品と呼ばれる金品を贈ることで婚約の証として結婚の約束を固める儀式ですが、現代では正式な手続きを省略して両家の顔合わせを目的とした食事会などで済ませることが多くなっています。お互いの家族を紹介し、また結婚式の話を両家のみなさまでできるという機会でもあるので、しっかりとした事前準備をしてこの日を迎えたいですね。

会社や関係者への結婚報告

会社勤めの場合は結婚報告は欠かせません。結婚式や新婚旅行などで会社を休むことも出てきますので、勤務に支障をきたさないように事前の打ち合わせが必要になるでしょう。自営業の場合も取引先や仕事関係者へ結婚報告をします。

結婚式準備の中で新郎が活躍するべきポイント!

結婚式は花嫁が主役だから結婚式準備も女性の方ががんばってするのが当たり前、そんな風に思っている男性もいるのではないでしょうか?結婚式の主役は決して花嫁さんだけではありません。 新郎新婦おふたりが主役です。また準備の中にはご新郎さまがしなくてはいけないこと、ご新郎さまに手伝ってもらえると助かることがたくさんあります。

式の日取り決めはお互いのスケジュールを考えて

まず式の日程と結婚式場を決めます。これはご新婦さま一人では絶対に決められませんね。おふたりのスケジュールを確認し、仕事の繁忙期を避ける配慮や、出席予定の親族の日程調整などはお互いに相談して行ないましょう。

式場決定~式次第と披露宴はおふたりの意思をしっかり確認して◎

挙式は神前式か教会式か、その他披露宴に関しての内容を決めていきます。式場を決定する時にある程度イメージは固まっているはずなので、プランナーさんとの打ち合わせで内容を具体化していきましょう。この時点でどうしてもやりたいこと、やりたくないこと(例えば注目を浴びるような演出は嫌だとか、余興をお願いするかなど)をご新郎さま側も確認しておきましょう。 また、早い時点で予算についてのイメージもおふたりで合わせておくこともとても大事ですね。

招待客リストと招待状発送は各々招待客の選定を

新郎新婦それぞれで招待客のリストを作り、結婚式・披露宴での席次も決めて招待状を送る手配をします。ご新婦さま側が、ご新郎さま側の人間関係を全て把握しているわけはないので、必ずご新郎さまの協力が必要になるポイントといえるでしょう。またゲストに送る招待状にはこだわりたいというご新婦さまもたくさんいらっしゃいます* 膨大な量になるペーパーアイテム作りのお手伝いも、パソコンや機械に強いご新郎さまの腕の見せどころです。

記事をシェアする

不正コンテンツの報告

{{content.detail}}

詳細

{{content.detail}}
{{subContent.detail}}

ご報告ありがとうございます

記事に使った写真一覧(3)