2017年6月14日 更新

結婚式準備をはじめる前に!メールでの結婚報告のマナーと例文をチェックしよう

結婚式準備をはじめる前に!メールでの結婚報告のマナーと例文をチェックしよう

94 views

結婚の報告は、直接会って報告をしたり、はがきを送るのが良いとされてきましたが、人間関係が多様化している今、マナーを守ればメールでの報告もOKなのです。結婚式の準備を始める前に、結婚報告をメールでしても良い場合や、例文などをチェックして役立ててくださいね*

94 views
iine 94 views

結婚の報告は、直接会って報告をしたり、はがきを送るのが良いとされてきましたが、人間関係が多様化している今、マナーを守ればメールでの報告もOKなのです。結婚式の準備を始める前に、結婚報告をメールでしても良い場合や、例文などをチェックして役立ててくださいね*

94 views
写真一覧

結婚式準備を始める前に!まずは報告をしましょう

出典:pixabay.com

結婚式の準備に取り掛かる前に、参列してもらいたい人に結婚式を予定していることを報告しておきましょう*招待状を送る前なら、いつものようにメールで・・・と思いがちですが、果たして結婚報告にメールを使っても大丈夫なんでしょうか?メールに対する感じ方も年代や立場によって変わってきますよね。 結婚報告にメールを使っても良いという人とダメという人に分かれているのも現状です。まずは自分の交友範囲を見回してみて、身近に直接伝えることのできる人には直接伝えましょう。その上で、結婚報告をしたいけれど遠く離れていて普段メールのやり取りをしている人、また、めったに連絡は取り合わないものの結婚報告だけはしておきたい人などはメールでも問題ないでしょう。 ただ、職場で以前お世話になった元上司や学校の恩師など目上の方でそれなりの職に就いている方にはハガキでの報告がおすすめです。年代によってはメールをそれほど利用していない場合もありますし、突然のメールだと迷惑メールと間違われてしまい、読んでもらえない可能性もあるからです。

結婚報告のメールを友人へ送る場合の例文

友人だからと言って適当な報告で済ませてしまうと、あとあと友人関係にひびが入ることにもなりかねませんので、慎重にしましょう。同年代でも結婚報告にメールを使用することを嫌う人もいるようですので、問題ないと思われる相手だけにしてください。また、一斉メールは友人でもNGです。 例文: こんにちは、お元気ですか? 突然ですが、結婚することが決まったのでメールを書きました。 遠くてなかなか会う機会が無いのでメールでの報告になってしまってごめんなさい。 挙式は〇月〇日を予定しているので、また後日招待状を送らせていただきます。 出席してもらえるとうれしいです。 取り急ぎ報告まで。 〇〇より 以上は招待状を送る場合の例ですが、結婚式に招待しない場合は身内だけの式になるのでといった理由や、すでに挙式を済ませたという報告が良いかもしれません。

結婚報告のメールを会社関係で送る場合の例文

会社への結婚報告で最も注意が必要なのが、報告する順番です。初めに直属の上司に報告するのが常識とされています。上司への報告前に同僚など他の人にから情報が出回ってしまうとやっかいです。 社会人としてのマナーをしっかり押さえましょう。その上で、他の人への報告はどうしたらよいか上司に相談してみましょう。ふさわしい方法を教えてくれるはずです。 もしも取引先などにメールで報告した方が良いという場合には、結婚自体よりもこれから苗字が変わるのか、仕事は今後続けるのかなど業務を行う上での変更点を伝えましょう。 例文: 〇〇会社 〇〇課長 〇〇様 大変お世話になっております。 私事で恐縮ですが、このたびご縁があり結婚いたしました。 今後も仕事と家庭の両立につとめていく所存でおりますので、ご指導のほどよろしくお願いいたします。 〇〇(旧姓〇〇)

結婚報告のメールを親戚に送る場合の例文

親戚の場合も日頃から親しい間柄であればもちろん直接伝えるのが良いですよね。すぐに会って話すことができない場所にはメールで伝えることもあるかもしれません。いずれにしてもメールで送っても良い相手かどうか両親に確認しましょう。 親戚の方に送る結婚報告は今後交流をしていくことを考えて、相手の方の勤務先や人柄などに触れると良いですね。 例文: ○○様 ご無沙汰しておりますが、いかがお過ごしでしょうか? 実は私、良縁があり結婚することになりました。 お相手は学生時代からお付き合いさせていただいていた方で、○○会社の〇〇関連を扱う〇歳の方です。 結婚式にはぜひ参加していただきたいので、後日あらためて招待状を送らせていただきます。 メールでのご報告となってしまいましたが、当日お会いできるのを楽しみにしております。 〇〇

結婚報告のメールを英文で送る場合の例文

仕事関係や友人など英語で結婚報告を送る必要も出てくる時代となりました。そんな場合の英文もご紹介しておきますが、英文の場合は敬語がありませんし、あまり堅苦しく考えなくても問題ありません。結婚したことがわかればきっと喜んでくれるはずです。 例文: Dear 〇〇, I just got married to 相手の名前 at 場所 on 日付. I want to share this happy news with you! Regards, ○○nee 旧姓

結婚報告のメールはマナーを守って賢く利用しよう!

出典:pixabay.com

おめでたい報告は会って話すことができれば一番ですよね*しかし遠方に住んでいたり、疎遠になっていたりと、結婚式に向けてあらためて連絡を取らなければならない場合にはメールは便利なツールとして活躍してくれます。相手との関係を考え、マナーを守って送りましょう。 お互いに気持ちの良いコミュニケーションが図れると良いですね。報告が終わればいよいよ結婚式の準備がはじまります。準備に役立つ記事をピックアップしていますので、是非参考にしてくださいね!

関連するウェディング実例
記事をシェアする

不正コンテンツの報告

{{content.detail}}

詳細

{{content.detail}}
{{subContent.detail}}

ご報告ありがとうございます

記事に使った写真一覧(4)
関連するウェディング実例