2017年6月12日 更新

結婚式の準備に知っておきたい!両家顔合わせの流れと挨拶の例文をチェック

結婚式の準備に知っておきたい!両家顔合わせの流れと挨拶の例文をチェック

240 views

最近は結納は行わず、両家顔合わせのお食事会を開くパターンが多くなってきています。結納よりもカジュアルですが、どんな挨拶をすればよいかわからないという花嫁さまも多いのでは?結婚式の準備でぜひおさえておきたい顔合わせの流れと、挨拶の例文も一緒にご紹介します!ぜひ参考にしてくださいね*

240 views
iine 240 views

最近は結納は行わず、両家顔合わせのお食事会を開くパターンが多くなってきています。結納よりもカジュアルですが、どんな挨拶をすればよいかわからないという花嫁さまも多いのでは?結婚式の準備でぜひおさえておきたい顔合わせの流れと、挨拶の例文も一緒にご紹介します!ぜひ参考にしてくださいね*

240 views
写真一覧

流れを知って早めにお願いをしておくのが◎

両家顔合わせの食事会が決まったら、さっそくとりかかりたいのが挨拶の確認です。結納と違いそれほど厳密な決まりが無いので、まずは誰がその挨拶を担当するのか確認・決定し、担当者は事前に挨拶を考えておくとスムーズです。ここでは両家顔合わせの流れや、必要な挨拶の例文をご紹介しますので、早い段階で決めてゆとりを持っておくことをおすすめします。

両家顔合わせの一般的な流れ

まずは両家顔合わせをどういう流れで進めていけばよいのか確認していきます。形式に決まりはありませんが、まずは一般的な順番を把握し、ご両家のスタイルに合わせて変えていってください。ここでは、特に挨拶がどのタイミングで入るのかという点について確認してみてくださいね*

はじめの挨拶

はじめの挨拶では、おふたりのために時間を割いて集まってくれたみなさまに感謝の気持ちを伝えましょう。また、食事会を開いた目的が両家の顔合わせであることを伝えると良いですね。この挨拶は新郎でも新郎父でもかまいません。 両家のご両親、ご家族共に緊張しているでしょうから、和やかなムードで始められると良いですね。

両家のご両親の挨拶と両家のご家族紹介

まずは新郎が自分のご両親の紹介を行い、ご両親がそれぞれ挨拶を行います。次に新婦側のご両親の紹介と挨拶・・・と続きます。挨拶はご両家のお父さまが代表して行っても良いので、どのスタイルがよいかはご両家で事前に打ち合わせして決めておきましょう。 自己紹介を兼ねた挨拶という形でもよいかもしれません。その場合は趣味や経歴など織り交ぜて話してもらうようにしましょう。

乾杯の挨拶

出典:pixabay.com

はじめの挨拶の後すぐに飲み物を出してもらう場合は、はじめの挨拶と乾杯は続けて行なってしまってよいでしょう。もし両家のご両親の挨拶の後に乾杯という流れであれば、新郎の父が乾杯の挨拶を行うケースが多いです。乾杯の前に挨拶は済ませているので、簡単に乾杯の音頭を取るだけで十分でしょう。

会食

ここまできてようやく会食となります。挨拶の時間を十分に取った上で、早めにスタートすることがおすすめ。両家顔合わせに慣れているお店であれば問題ないはずですが、一般的なレストランなどの場合は注意が必要です。料理が先に運ばれてしまうなどの進行を妨げることがないように、段取りを事前に伝えておくのがベスト。 また、あくまでご両親同士は初めての顔合わせですから、緊張して話が進まない可能性もあります。会食中に新郎新婦が両家のご両親やご家族の会話が進むよう助け舟を出してあげましょう。話題に関しては雑談ももちろんですが、やはり結婚式について決まっていることを確認するというのも大切です。

終わりの挨拶

終わりの挨拶は新郎が担当しても良いですが、最後は二人で締めても良いでしょう。当日の感想と感謝に加え、結婚式に向けての意気込み、準備のお手伝いのお願いなどを伝えて終わりとしましょう。最後に記念撮影を行っても良いかもしれません。 和やかな雰囲気で終えられるように気を遣いましょう。

両家顔合わせでの挨拶の例文

出典:pixabay.com

両家顔合わせの日程や流れが決定しても、実際にはどのような挨拶をしたら良いのか?悩むところですね。ここでは挨拶の例文をご紹介しますので、それぞれのケースに合わせてアレンジして使用してください。

はじめの挨拶(新郎)

「本日は私たちふたりの婚約のため、お忙しい中お集まりいただきありがとうございます。両家の家族(両親)が顔を合わせる初めての機会ですので、ぜひ親睦を深めていただければと思います。よろしくお願いいたします。」

ご両親の挨拶(新郎父母)

「〇〇さんは素敵なお嬢様で、うちの息子にはもったいないような気もしますが、家族の一員として迎え入れることができるのは大変うれしく思っています。これからの結婚生活は山あり谷ありだと思いますが、ぜひ息子を支えてやってください。」

ご両親の挨拶(新婦父母)

「〇〇君がうちの娘をもらってくださるということを聞きまして、誠実な方にもらっていただけることになってよかったなと思っています。こちらこそ娘はまだまだ未熟な点があると思いますが、お力添えをよろしくお願いいたします。」

乾杯の挨拶(新郎父)

「それではせんえつながら乾杯の音頭を取らせていただきます。乾杯!」

終わりの挨拶(新郎新婦)

「本日はありがとうございました。お互いの家族(両親)のお人柄に触れることができ、大変良い機会でした。これから結婚式の準備でまたお力を借りることになりますが、ぜひよろしくお願いいたします。」

両家顔合わせの挨拶はこれで安心!

関連するウェディング実例
記事をシェアする

不正コンテンツの報告

{{content.detail}}

詳細

{{content.detail}}
{{subContent.detail}}

ご報告ありがとうございます

記事に使った写真一覧(4)
関連するウェディング実例