2017年6月12日 更新

両家顔合わせでの挨拶はどうすればいい?流れと内容をおさえれば安心!

12 views

最近は結納は行わないというカップルも増えていますが、その場合は両家顔合わせのお食事会を開くパターンが多くなってきています。結納よりもカジュアルですが、どんな挨拶をすればよいかわからないという声も多く聞かれるので、ぜひおさえておきたい挨拶についてご紹介します!ぜひ参考にしてくださいね!

写真一覧
この記事をシェアする

両家顔合わせの食事会の話がまとまったらさっそくとりかかりたいのが挨拶の確認です。結納と違ってそれほど厳密な決まりが無いので、まずは誰がその挨拶を担当するのか確認・決定し、担当者は事前に挨拶を考えておきましょう。 この記事では両家顔合わせの流れや必要な挨拶などをご紹介しますので、早い段階で決めてゆとりを持っておくことをおすすめします。

両家顔合わせの一般的な流れ

まずは両家顔合わせをどういう流れで進めていけばよいのか確認していきます。もちろん形式に決まりはありませんが、一般的な形に従って進めた方がやりやすいと思いますので、ここにアレンジを加えながらお二人の形を決めていってください。 ここでは、特に挨拶がどのタイミングで入るのかという点について確認し、ふさわしい挨拶を考えるまたは当事者にお願いするとよいでしょう。

はじめの挨拶

二人のために時間を割いて集まってくれたご両親やご家族に感謝の意を表すとともに、この食事会を開いた目的が両家の顔合わせであることを伝えると良いです。この挨拶は新郎でも新郎父でもかまいません。 両家のご両親、ご家族共に緊張しているでしょうから、和やかなムードで始められると良いですね。

両家のご両親の挨拶と両家のご家族紹介

流れ的にはまず新郎が自分の両親の紹介を行い、両親が挨拶を行ったあとに新婦側の両親紹介と挨拶でも良いでしょうし、両家の父のみが代表して挨拶を行っても良いでしょう。どうしたらよいかは事前に打ち合わせして決めておきましょう。 自己紹介と一緒に挨拶ということでもよいかもしれません。その場合は趣味や経歴など織り交ぜて話してもらうようにしましょう。

乾杯の挨拶

出典:pixabay.com

はじめの挨拶の後すぐに飲み物を出してもらうことになっていることもあるかもしれませんので、その場合ははじめの挨拶と乾杯は続けて行なってしまってよいでしょう。 もし両家のご両親の挨拶の後に乾杯という流れであれば、これも決まりはありませんが、新郎の父が乾杯の挨拶を行うケースが多いです。乾杯の前に挨拶は済ませているので、簡単に乾杯の音頭を取るだけで十分でしょう。

会食

ここまできてようやく会食となります。前半の挨拶部分がかなり長いので、それを見越して早目の時間帯にスタートすることをおすすめします。両家顔合わせの食事会に慣れているお店であれば問題ないはずですが、一般的なレストランなどの場合は段取りを事前にお知らせしておかないと料理が先に運ばれてしまうなどスムーズな進行ができませんので、注意が必要です。 また、あくまでご両親同士は初めての顔合わせですから、緊張して話が進まない可能性もあります。会食中に新郎新婦が両家のご両親やご家族の会話が進むよう助け舟を出してあげましょう。話題に関しては雑談ももちろんですが、やはり結婚式について決まっていることを確認するというのも大切です。

終わりの挨拶

終わりの挨拶は新郎が担当しても良いですが、最後は二人で締めても良いでしょう。当日の感想と感謝に加え、結婚式に向けての意気込み、準備のお手伝いのお願いなどを伝えて終わりとしましょう。最後に記念撮影を行っても良いかもしれません。和やかな雰囲気で終えられるように気を遣いましょう。

関連キーワード:
この記事をシェアする

不正コンテンツの報告

{{content.detail}}

詳細

{{content.detail}}
{{subContent.detail}}

ご報告ありがとうございます

記事に使った写真一覧(4)
関連するウェディング実例