2017年7月5日 更新

梅雨の時期に気をつけたいスキンケア【エステティシャン・あねごのプレ花嫁ビューティー講座(14)】

梅雨の時期に気をつけたいスキンケア【エステティシャン・あねごのプレ花嫁ビューティー講座(14)】

50 views

横浜市のブライダルエステティシャン あねごです。花嫁様の美容や挙式の準備で気になることを私の経験などを含め書いています。どうぞよろしくお願いいたします!

50 views
iine 50 views

横浜市のブライダルエステティシャン あねごです。花嫁様の美容や挙式の準備で気になることを私の経験などを含め書いています。どうぞよろしくお願いいたします!

50 views
写真一覧

梅雨の時期は、実はお肌が一番きれいな時期なんです!

関東も梅雨入りして、少しずつ雨が多くなってきましたよね。気持ちが滅入るかも知れませんが、そんな皆様に朗報です!実は、梅雨は日本人のお肌が一番きれいになる季節なんです!

実は、20代も30代も乾燥が原因のトラブルが多いのです。この連載でも何回も重ねてお伝えしている保湿の大切さ、もう一度お伝えしていきます。 エステにお越しのお客様のほとんどが乾燥肌なんです 何度も保湿についてお伝えするのは、実は、エステに来てくださるお客様のほとんどが乾燥肌だからです。 20代以降での毛穴の広がりの気になる部位は小鼻の横の頬などの皮脂腺の少ない箇所。この箇所が乾燥すると、毛穴の開きが気になる方が増えます。また、にきびも実は乾燥がきっかけで出来たりもしているのです! うちのサロンのお客様でも、10代のにきびはホルモンバランスの変化で皮脂腺が活発に動き始めることがきっかけになるものが主な原因ですが、 20代以降の大人にきびに関しては、仕事のストレス、食生活の変化や飲酒の影響の皮脂腺の分泌の変化や、いつまでも皮脂が多いと感違いして使用している間違ったスキンケアなど、複合的な原因が考えられます。 自分のお肌が乾燥していると気づかずに、間違ったケアをしてしまっている方もいるので、要注意なのです。

出典:hana-collection.com

連載中に何度もお伝えしていますが、日本人の90%もが乾燥肌と言われ、春は黄砂や紫外線、夏は強烈な紫外線やエアコンによる乾燥、秋は気温や天気の変化、冬は強烈な乾燥と気温低下と日本人のお肌はどの季節もダメージにさらされています。 そんな中、少しずつ気温が上がっていく中での雨や湿気の多い今の季節は、日本人にとって一番お肌がきれいになるタイミングで、スキンケアしだいで美肌を手に入れられる一番のチャンスなんです!

梅雨の時期にお勧めのスキンケアって?

ソフトピーリングはお勧めの時期です!

個人的にお勧めしたいのは、お肌状態にもよりますがソフトピーリングですお越しのお客様の多くがお肌が弱かったり、薄かったり、アトピーの傾向がある方も多いので同じピーリングという名前のものでもあまり強いものはお勧めできません。 クリニックのピーリングに関しては、上のような状態の方はお勧めできないかもですね…。 AHAやフルーツ酸の入った石鹸などでの洗顔や、角質を落とすピーリング剤などで、ざらつきのケアするのはすごくお勧めですよ!乾燥がひどい季節、外的なダメージが多い時期ににピーリングやソフトピーリングをすると、アフターケアを自分なりにしたつもりでいても、乾燥で思わぬトラブルを引き起こしてしまいます。 梅雨の時期はお肌が潤いやすく、気温がたかくなるので、お肌の代謝が高まります!ざらつきをとっておくと、更にターンオーバーを高めてくれるのです!

ヘアケアは、お風呂の中でのトリートメントがお勧め!

髪の毛もお肌と同じく、季節ごとのダメージを受けています。秋、冬の乾燥と夏の紫外線の季節の要因のほかに、パーマ、カラー、ヘアアイロンや整髪料などの外的ダメージも受けてしまいます。そのダメージを一番ケアできる時期も梅雨なのです! 中でもインバス、お風呂の中でのトリートメントはお勧めの時期です!この時期にしっかり髪の毛も内部補修をして健康にしておくことが、真夏の紫外線のダメージを軽減させることにつながります。きちんとドライヤーで髪の毛を乾かすことを忘れないでくださいね! なお、アウトバストリートメントについては湿気が多く雑菌の餌になりやすいので、この時期は少し控えるほうがよいかも知れません。

気をつけたい梅雨の危険! 梅雨の語源ってご存知ですか?

中国で生まれた言葉「梅雨(ばいう)」 「梅雨」の語源には、いくつかの説がある。 •「梅の実が熟す頃に降る雨」という意味で、 中国の長江流域では「梅雨(ばいう)」と呼んでいたという説。 •「黴(カビ)が生えやすい時期の雨」という意味で、 「黴雨(ばいう)」と呼んでいたが、カビでは語感が良くないので 同じ読みで季節に合った「梅」の字を使い「梅雨」になったという説。

出典:minabe.net

連日の食中毒の注意喚起などニュースや、この語源でも解るように、湿気で気温の高い梅雨の時期は、カビが多い季節です。 私たちの体もお肌にも沢山の常在菌や乳酸菌や酵素などが関係しています。一般的には酵素や菌が活発にうごきやすいのが湿気と気温のある梅雨なのです。それは、人間にとって良い菌も悪さをしてしまう菌も同様なのです! ですのでこの時期は、お肌の角質など、悪い菌のエサになるようなものを取り除き、新鮮な良い美容液やトリートメントでお肌を保湿、補修するのがお勧めです! 髪の毛をしっかりかわかしても、梅雨の時期は空気中の適度な湿気で保湿されます。 このとき、お肌には余計な角質や菌が残っていたり、お肌に入りきらないほどの過剰な美容液をつけてしまうことや髪の毛にアウトバストリートメントを沢山乗せ、そのまま就寝してしまうと、新たな雑菌が発生してしまいます。 これが別のお肌トラブルの原因になり、複合のトラブルを起こしやすくなってしまいますので注意が必要です。

寝具の洗濯はこまめに

梅雨の時期、一緒に気をつけたいのが寝具を清潔に保つことです。お肌や髪の毛のお手入れをしっかりしても、寝具が清潔でなかったらまったく意味はありません。 実は、枕カバー、枕の重さの10%はダニの屍骸とも言われるそうです、、、、この時期は雑菌が発生しやすい環境ですので、ダニなども活発になります。晴れた日はいつも以上にこまめに洗濯をしていただいて、より良い睡眠にしてくださいね!

記事をシェアする

不正コンテンツの報告

{{content.detail}}

詳細

{{content.detail}}
{{subContent.detail}}

ご報告ありがとうございます

記事に使った写真一覧(4)