2017年6月7日 更新

結婚式の準備、大変なのはどんなこと?夫婦で大変な結婚式準備を乗り越えよう♡

31 views

人生の一大プロジェクトとも言える結婚式。結婚式の準備は大変で、「ケンカした」「離婚を考えた」という声を聞くことも。そんな大変な結婚準備について、具体的にどんなことが大変なのか、と、大変な結婚式準備を乗り越えていくコツをご紹介します。

写真一覧
この記事をシェアする

結婚式の準備でしなければならないことは?

まず結婚式の準備をどんな手順ですすめていったらいいのか見てみましょう。

結婚式の日取りを決める

一番先に決めるべきことが結婚式の日取りです。結婚する当人同士のみならず、それぞれの両親の予定も取り入れて決める必要があります。 また、スケジュールと合わせて気にする人が多いのは「六輝(六曜)」。大安や友引が結婚式にはよいというように、日によって吉兆を占ったものです。 その他にも、記念日を意識したり、日付の語呂合わせを意識したり、日付を決める時には気にするポイントは人それぞれのようです。

結婚式の費用(予算)

日程が決まったら次は結婚式に費やす大まかな費用の算出です。それによって式場選びや式次第も変ってきます。 結婚式にかかる費用は全国平均で約330万円。新婚旅行や引っ越しの費用を考えると結婚に必要な必要は約400万円と言われています。ただし、結婚式を行う場合はご祝儀や会費で何割かを補えることがほとんどです。 ゲストから受け取るご祝儀の平均額は3.3万円と言われていますので、呼ぶゲストの数に合わえて予算を立ててみると良いでしょう。 結婚式を考えていないという方も、フォトウェディングや家族だけで行う挙式という選択肢もあります。予算に応じて、形を変えて結婚式を行うことができますので、まずはどれくらいコストをかけることができるかを決めましょう。 また、新郎新婦の間で費用負担の割合についても事前に決めておくと、後々のケンカやトラブルを防ぐことにつながります。 例えば、ドレスは新婦持ち、披露宴にかかる費用はゲストの数の割合で折半、新郎の方が収入が多いので多めに負担するなど、カップルによって一番納得がいくように話し合ってみましょう。また、両親が費用負担をしてくれる場合もありますが、その場合も事前にどの部分が誰の負担と明確に線引をしておくとよいでしょう。 後から予算が膨らんだ場合は、都度相談をし、トラブルを事前に避ける努力をすることが必要です。

式のスタイルと式場選び

式場を探す前に決めなければならないのが式のスタイルです。 ・神前結婚式で神社でするか ・西洋式スタイルの教会でするか ・結婚式と披露宴を兼ねて同じ場所で行うか ・海外で挙式をするか ・写真だけをとるか ・思い出の場所でオリジナルウェディングをするか など、現在では旧来の結婚式に加えて様々な選択肢があります。 まずは、ふたりがどんな結婚式をしたいか、なんのために結婚式をしたいかを決めると、挙式のスタイルが決まり、式場選びをスムーズに進めやすいでしょう。 例えば、「ふたりの新しいスタートにけじめをつけたい」のであれば、ふたりきりで挙式をできるリゾート挙式はいかがでしょうか。 また、ふたりをお互いの友人に紹介したいということが目的なのであれば、カジュアルなレストランで気取らないウェディングパーティーがよいかもしれません。 親に感謝の気持ちを伝え、お世話になっている上司や友人達にしっかりとおもてなしをしたいのであれば、ホテルや専門式場で格式高い挙式を行うのがぴったりでしょう。 このように、結婚式の目的によってイメージを膨らませていくことで、挙式スタイルと会場を決めていくことができます。

式場で詳細(式次第・ドレス・料理・引き出物)を決める

式場が決まったら、基本的には式場のスタッフと詳細を決めていきます。神前にしろ教会にしろ挙式で着るドレスや式次第を打ち合わせます。そして披露宴会場でのお披露目の流れや料理・引き出物・司会進行役などを決定します。これらすべては基本的には事前に算出した予算に沿って決めていきます。

招待客のための準備

まず花嫁、花婿それぞれが式に招待するお客をリストアップします。招待客が決まったら招待状の準備と披露宴会場での席次を決めなければなりません。

準備中のトラブルにはどんなことがある?

関連キーワード:
この記事をシェアする

不正コンテンツの報告

{{content.detail}}

詳細

{{content.detail}}
{{subContent.detail}}

ご報告ありがとうございます

記事に使った写真一覧(3)
関連するウェディング実例