2017年6月7日 更新

大勢の人々から祝福を受けたロビーウェディング*思い出の場所で紡ぐ新たなる思い出

66 views

2017年3月に挙式をされた卒花嫁の「icchanwedding」さま。おふたりが夫婦としての契を交わす場所として選ばれたのは、「リーガロイヤルホテル大阪」でした。ご新婦さまが幼少の頃から度々訪れたという、思い出深いメインラウンジで行われた<ロビーウェディング>の模様をご紹介します。

写真一覧
この記事をシェアする

大勢の人に見守られながら優雅な空間で行うロビーウェディング

出典:www.instagram.com

気品のある佇まいがとても美しい卒花嫁の「icchanwedding」さま。一方、ご新郎さまも力強さと逞しさあふれる立ち姿が印象的です。和装姿がとてもお似合いのおふたりですね。 おふたりの思い出のたくさん詰まった場所で行われた挙式の様子をお伝えします。

思い出の場所で紡ぐ新たな思い出

出典:www.instagram.com

おふたりが結婚式に選ばれた場所は大阪にある『リーガロイヤルホテル大阪』。こちらのホテルは、ご新婦さまが幼い頃からご家族と度々足を運んだ思い出の場所なんだそうです。特にメインラウンジはご家族とお茶をしたり、ご新郎さまを新婦のご両親に初めて紹介した場所ということもあり、大変思い入れのある場所なんだそうです。 夫婦の契を結ぶ儀式として神前式を選ばれたおふたりは、館内神殿ではなく、思い出深いメインラウンジを利用したロビーウェディングを執り行いました。

その場にいる大勢の人々に見守られて

出典:www.instagram.com

吹き抜けの天井には紫雲をイメージしたという25万個ものクリスタルガラスのシャンデリアが輝き、正面には日本庭園と大きな滝を臨む美しいメインラウンジ。“このラウンジはいつも優雅な気持ちにさせてくれるお気に入りの場所”と、ご新婦さまは仰っています。ご両家ご親族とご友人、そしておふたりのゲストだけではなくホテルに足を運ぶ多くの人々にも見守られながら、祭壇へとゆっくり歩を進めます。

緊張を解きほぐす優雅な空間

出典:www.instagram.com

目前には青々とした草木の美しい日本庭園を臨み、眺めれば眺めるほど肩の力が抜けてリラックスできるような空間が広がります。ラウンジには春の麗らかな日差しが降り注ぎ、ゆったりのんびりとした優雅な空気の中で挙式が進められました。

誓いの詞を胸に、自らの名を書き上げるおふたり

出典:www.instagram.com

こちらは挙式が始まる前のひとコマ。挙式の手順の説明を受け、誓詞にサインするご新郎さま。誓詞を見つめる真摯な姿に逞しさを感じます。

出典:www.instagram.com

ご新郎さまに続いてご新婦さまもお名前を書き上げます。式場によっては既に名前が書かれているところもあったりと内容は様々ですが、ご自身の手でサインをすることで、より一層気が引き締まりそうですね。

ご新郎さまの堂々たる姿

出典:www.instagram.com

ご自分たちの手でサインした誓詞を手に、誓いの詞を力強く読み上げるご新郎さま。マイクを通す必要も無いほどハキハキと読み上げるご新郎さまの姿に、ゲストも大変感心されたそうです。

この記事をシェアする

不正コンテンツの報告

{{content.detail}}

詳細

{{content.detail}}
{{subContent.detail}}

ご報告ありがとうございます

記事に使った写真一覧(11)