4時間前 更新

ディズニー、ハロウィン、ラプンツェル!わたしがこだわった結婚式の演出を紹介します

ディズニー、ハロウィン、ラプンツェル!わたしがこだわった結婚式の演出を紹介します

243 views

よく“演出はどうしますか?”と言われることがあるかと思います。私たちの結婚式はかなり特殊な演出を取り入れたので、ご紹介させて頂きます。

243 views
iine 243 views

よく“演出はどうしますか?”と言われることがあるかと思います。私たちの結婚式はかなり特殊な演出を取り入れたので、ご紹介させて頂きます。

243 views
写真一覧

披露宴入場

Disney Halloweenを取り入れた演出

私たち夫婦はお互いディズニーが大好き‼︎ディズニーならではな披露宴をしたいと考えていました。お色直しを2回したため、ドレスの色当てクイズをしたのですが披露宴入場する際のドレスの色を当ててもらうことにしました。“ただ当ててもらうだけじゃつまらない”と考え、過去Miracostaで挙式をされた方々のブログ等を参考にアイディアを考えていました。すると「マントを羽織り入場する」というなんとも斬新な入場をされた方がいらっしゃいました。 そこで2人の大好きなディズニーシーのショーで使われていた“Mysterious Masquerade”で入場をすることに決めました。

Mysterious Masqueradeとは?

2009、2010年にディズニーシーのアメリカンフロントパーク(タワー・オブ・テラーの前の広場です)で開催されていたハロウィンショーです。 この頃学生だった私は通い詰めることはなかったのですが、アトラクション中心からショーに夢中になるようになったきっかけとなったショーです。 これを再現したくて仮面を付けて入場することにしました。 (お写真はお友達から借りました)

主人に手伝ってもらいながら仮面を装着、マントは着脱出来るようにマジックテープで留めてあります。 新婦は化粧が崩れてしまうこと、髪型が崩れてしまう危険があったため頭に載せることにしました。

マントを羽織ったまま入場です。

そのまま入場し

一礼をします。主人に手伝ってもらいながら仮面を装着、マントは着脱出来るようにマジックテープで留めてあります。寸法は事前に測っていたのですが、素人なため少し足りなくなってしまい、出入り口手前側のテーブルのゲストには丸見えになってしまいました。( 後ろのテーブルのゲストは見えなかったそうです。)同じ演出に興味のある方は業者に依頼することをお勧めします。

ドレスが隠れ切らなかったこと(寸法したのですが固定する場所が足りませんでしたね)は恥ずかしかったのですが、ゲストの驚いた反応やドレス当てクイズの回答に黒を入れていなかったので「え⁈黒⁈」と予想していた反応が見れて楽しかったです。 入り口から1番遠いゲストたちは見えてしまっていた部分は見えなかったそうです。

高砂の前まで歩き、ここで仮面を取ります。

その後は新郎に手伝ってもらいながらマントを外し、

BGMをチェンジします。ここから入籍記念時期に開催されていた“Color of Christmas”という同じくディズニーシーのショーの曲へ変更です。

カラードレスからの入場、ディズニーの結婚式という一見一般の方が知らない結婚式。家族、親戚前でやるのは恥ずかしかったですが、思い切って“普通ではないことをしよう”と主人と決めた演出でした。 次は再入場の演出をご紹介します。

記事をシェアする

不正コンテンツの報告

{{content.detail}}

詳細

{{content.detail}}
{{subContent.detail}}

ご報告ありがとうございます

記事に使った写真一覧(24)
関連するウェディング実例