2017年7月28日 更新

廃校wedding完全セルフプロデュース☆みんなが「わ」になり「わ」くわく、「わ!」とびっくり!前編

廃校wedding完全セルフプロデュース☆みんなが「わ」になり「わ」くわく、「わ!」とびっくり!前編

624 views

準備も当日もプロデュース会社に依頼をせず、完全セルフプロデュースで廃校ウェディングを成功させたおふたり。ゲストが「わ!」となるウェディングのその準備から挙式までがどのように行われたのかどうぞご覧ください♩

624 views
iine 624 views

準備も当日もプロデュース会社に依頼をせず、完全セルフプロデュースで廃校ウェディングを成功させたおふたり。ゲストが「わ!」となるウェディングのその準備から挙式までがどのように行われたのかどうぞご覧ください♩

624 views
写真一覧
出典:www.instagram.com

元小学校の校庭が挙式会場のため扉などはなく、どのように入場するかを考えられました。そこでご新婦さまはご両親と一緒に長めの距離を歩いていったん止まり、お母さまからのベールダウンを、その後はお父さまと一緒にご新郎さまのもとまで進まれるという方法での入場を選ばれました。

お父さまの思いが伝わる瞬間

出典:www.instagram.com

「娘をよろしくね」とのお父さまの思いにご新郎さまが握手で応えます。婚姻届よりも、この瞬間のお父さまの思いがずっと重く感じられたとご新婦さまはおっしゃいます。ご新婦さまがお召しになっているドレスは「お譲り」(卒花嫁さまが購入したドレスをInstagramで譲渡先を募集し安価で譲るもの)で価格は送料や小物を含んでも1万円以下だったということですから驚きです!

出会いの場、そしてプロデュースに協力してくれた立会人

出典:wedding-fes.hatenablog.com

おふたりの出会いの場となった鹿児島市内にあるカフェバーのマスターが式の立会人をつとめます。完全セルフプロデュースウェディングをおふたりから聞いたときに「おもしろそう!」と応援し、当日もグラスを提供するなど協力してくれたマスターと大切な瞬間を共有したいと、おふたりは考え依頼されました。マスターの出番以外も「ずっと見守られているような安心感」があったそうですよ。

小さなリングガールに和やかムード

出典:www.instagram.com

リングガールはまだ2歳の姪御さま。姪御さまはリングピローからリングを出して手渡しされるほど、「リングピローを運んでいるのではなくて指輪を運んでいる」と理解されていたそうで、ご新婦さまも大変驚かれたのだとか。可愛らしい大役の登場にゲストの皆さまもにこにこ場が和んだそうです。

ご友人の機転で乗り切ったピンチ

出典:www.instagram.com

校庭というロケーションを活かして、おふたりのウェディングでは人前式のサインは旗にされました。ところが旗にサインをするための台を設置し忘れた、と気づいたとき、さっとご友人が背中を貸してくださったのだとか。とても素敵なシーンですね。

結婚証明書の完成

出典:www.instagram.com

ゲストのサインは受付で事前にかいておいてもらい、そこに無事おふたりのサインが入りました。多くのアイテムがDIYのおふたりのウェディングですが、もちろんこちらの旗もDIYです。ゲストからのユニークなメッセージがつまった廃校ウェディングのシンボルの旗はおふたりの宝物だそうです。

新しい家庭を、すぐそばでご両家が見守る

出典:www.instagram.com

中央に新しい家庭であるおふたりの旗を、その両側にご両家の旗をそれぞれあげられました。まるで新しい家庭をご両家が見守っているかのようです。この旗は結婚式から夜のパーティー、次の朝お開きになるときまでもずっとたなびいていたそうですよ。

バブルシャワー+フラワーシャワー

出典:www.instagram.com

退場はフラワーシャワーとバブルシャワーを混ぜて行われました。バブルシャワーは素敵だけれども、吹くことに一生懸命になると祝福の声かけもなくさみしいかな?と考えて混ぜて行うことにされたそうです。フラワーシャワーもバブルシャワーもどちらも気になっていたご新婦さまも大満足で「最高に幸せ」な瞬間だったそうですよ。

記事に関連する会場一覧
記事をシェアする

不正コンテンツの報告

{{content.detail}}

詳細

{{content.detail}}
{{subContent.detail}}

ご報告ありがとうございます

記事に使った写真一覧(16)