2017年5月18日 更新

ファーストバイトはパンプキンスープで♡DIYいっぱいのハロウィンウェディング

66 views

2016年10月にWグランラセーレ福山で挙式披露宴を行われたおふたり。10月という季節にちなんでのハロウィンウェディングはご新婦さまのDIYもいっぱい♡おふたりのウェディングのご様子をどうぞご覧ください。

写真一覧
この記事をシェアする

カスタムウェディング

出典:www.instagram.com

「アタラシイ、アナタラシイ」をコンセプトにしている広島県福山市のゲストハウス「W(ダブリュー)グランラセーレ福山」。ニューヨークスタイルを基調としたスタイリッシュな空間をふたりらしく演出してくれる「カスタムウェディング」がかなう式場です。おふたりのウェディングは2016年の10月。 ハロウィンウェディングにちなんだ提案がプランナーから色々あったそうですよ。

ご新婦さまのDIYアイテム

ペーパーアイテムはシルエットモチーフで

出典:www.instagram.com

これらのペーパーアイテムはすべてご新婦さまの手作り。モチーフに使われたおふたりのシルエットは、ご一緒に東京ディズニーシーに旅行に行かれた際に、パーク内のマーメイドラグーンにある「スリーピーホエール・ショップ」で作ってもらった切り絵をもとにしてご新婦さまがアレンジなさいました。用紙はうさぎやでご購入されたとのこと。

出典:www.instagram.com

席次表は人気の「くるくる席次表」になさいました。席次表ももちろん、おふたりのシルエットモチーフで統一されています。印刷して麻紐で留めて完成、となったのは結婚式の2日前のことだったそうです。

コツコツ作ったロゼット

出典:www.instagram.com

最初はコツがつかめなかったとおっしゃるロゼットつくりも、作り始めると順調に進んだのだとか。前撮りのアイテムとして用意した小物の大きなリングと一緒にウェルカムスペースに飾られました。

高砂のクッションは前撮りにも利用

出典:www.instagram.com

一針一針をご新婦さまが一生懸命刺繍で仕上げたのがこちらのクッション。当日は高砂のソファにおかれましたが、前撮りの小物としても活躍したそうですよ。

これまでの人生を思い出し進む道も手作りで

出典:www.instagram.com

「すべてがはじまる」というコンセプトのチャペルはホワイトでまとまっています。ご新婦さまはこのバージンロードにDIYのアイルランナーをご用意されました。文字の配置を決めるために実際にチャペルを借りて調整されたそうです。

この記事をシェアする

不正コンテンツの報告

{{content.detail}}

詳細

{{content.detail}}
{{subContent.detail}}

ご報告ありがとうございます

記事に使った写真一覧(15)